床置形は、建物やスペースの都合により天井に業務用エアコンを取り付けすることが難しい場合に選定します。

また、天井に取り付け可能な場所でも、埋設工事の費用を抑え、経済的に施工できるため選定する場合もあります。

 

床置形の場合、床や壁面のスペースを取ってしまうものの、本体がむき出しになっていますので、すぐにカバーを取り外すことができ、操作や掃除、メンテナンスも容易に行えます。

また、冬場は暖かい空気が上に行ってしまうため、天井が高いスペースでは天井に取り付けされている場合よりも足元を温めやすくなります。

デメリットしては、視野に入ってしまいやすいことと、スペースの都合からして最適な場所におけるとは限らないことです。

小さなスペースしかないオフィスや待合室では、本体そのものが邪魔になってしまします。

最近はより一層省スペースの薄型タイプが販売されていますので、オフィスや店舗、クリニックなどで幅広く活躍しています。

IMG_9532

 

業務用エアコンの選定ならアスリーフ株式会社へお問い合わせください?