空調負荷・熱負荷とは?

能力を選ぶ際に計算する”熱負荷”。

熱負荷とは空調する部屋に出入りする熱量、その部屋内で発生する熱量のことを言います。

そして熱負荷が大きければその分、能力が高いエアコンを選ぶ必要ががあります。

熱量には、具体的に以下のようなものが含まれます。

【冷房負荷の4種類】

◆外機不可

窓・扉から隙間風や換気のために入ってくる外気。

◆太陽輻射

太陽熱がガラスを通過して入ってくる熱や屋根・壁を通して入ってくる熱。

◆温度差による熱伝導

外機と温度差が伝熱・輻射して伝導する熱負荷

◆室内で発生する熱

人体からの熱、発熱性のある照明や器具など熱

※能力の単位

1kW=860kcal

1馬力=2,240~2,500kcal

ちなみに、人が1人室内にいる場合の熱量負荷は0.04馬力(100kcal)

つまり、設置する部屋に入る人数によって大きな能力が必要になります。

例)25人の場合⇒1馬力アップ

19400136_1578626545540998_2265842059575379979_n

 

業務用エアコンのことならアスリーフ株式会社へお問い合わせください☎