冷媒ガスとは、エアコンの配管中を駆け巡っているもので、人に例えると血液のようなものです。

この冷媒ガスの状態変化を利用して、エアコンの風を暖めたり涼しくしたりしています。

しかしながらこの冷媒ガスは、環境に悪いことでも知られています😢

 

まず、15年から20年前のエアコンによく使われている【R-22】

この冷媒ガスは今や全廃を目的としていて、成層圏のオゾン層に直接影響を及ぼすことがわかっています。

オゾン層は、太陽からの有害な紫外線の多くを吸収し地上の生態系を保護する役割をしています。

そのオゾン層が破壊されればその有害な紫外線を直接浴びることになるのです。

冷媒ガスが地球に悪影響を及ぼすとわかるまで、冷媒の回収作業というのは行われずに放出され続けていました😨

 

そこで、新たに開発されたのが【R-407C】と呼ばれる混合冷媒です。

混合冷媒とはいくつかの冷媒ガスが混ざったガスです。

ただ、この冷媒ガスは約3年間だけで今では希少なガスの一種とされています。

ちなみにルームエアコンには使われていません。

 

その後に出てきたのが、【R-410A】という冷媒ガスです。

今はこのガスを1番良く見ると思います。

このガスは407同様、混合冷媒ですが407とは違いがあります。

407はR32 R125 R134a という冷媒が混ざっているのに対し

410は R32 R125 の沸点の近い2種類の冷媒を混ぜています。

そして、1番の違いは、410は沸点の近い2種類の冷媒を使っているため冷凍能力の効率が上がったということです。

しかし、運転圧力も上がったため、配管を肉厚のものに変えたり、R22のエアコンで使えた工具が使えなかったりと、いろいろ難点もあります。

そして、407と410は、オゾン層こそ破壊しないものの室温効果ガスであり、温暖化係数が高く二酸化炭素を1とすると 410はその約1730倍にもなります。

結局のところ、地球に悪影響を及ぼすため、空調の入替、修理の際は『回収破壊』が必須になるのです。

 

最後に【R32】です。

R32は、2014年頃から出始めた新冷媒で、407 410とは違い単一冷媒です。

この冷媒は、407 410同様にオゾン層の破壊はしません。

そして、410に比べて温暖化係数が約3分の1という環境に優しい冷媒です。

少しでも地球温暖化を防止するために、この新冷媒R32がどんどん採用されているのです🌏

 

業務用エアコンのことならアスリーフ株式会社へお問い合わせください😊